豪徳寺デンタルの治療は、痛くないことが自慢です!

驚くほど痛くない!痛くない治療のコツとは?

歯科治療は痛みを伴うために嫌だという方が多いです。確かに、歯を削る時や抜歯をするとき、あるいは歯石をとる時に痛みを感じることは十分に考えられることです。

しかし豪徳寺デンタルクリニックの治療では、患者さまができるだけ痛みを感じなくて済むように、麻酔薬を温めて体温との温度差による痛みを減らし、麻酔時には表面を麻痺させる表面麻酔を使用、さらには超極細の注射針を使い、麻酔の効果が出るまでの時間をタイマー管理により十分取るなど、二重三重の工夫をしています。

麻酔をする部位によっては注射をしたことが分からなかったという方もいらっしゃいます。

豪徳寺デンタルクリニックの抜かない治療へのこだわり!!

人は誰でも「歯を抜くこと」は、嫌なものです。しかし虫歯や歯周病などの症状が進行してしまうと、歯科医師としては「歯を抜く」という選択肢しかない場合もあります。一方で、患者さまによっては、駄目でもいいから、あきらめがつくまでなんとかギリギリまで残してほしいという希望を仰る方もいます。

かみ合わせを調整することで歯の負担を軽減したり、お薬とレーザーを併用して柔らかくなってしまった歯の部分を硬くして保存、延命できる場合もあります。また隣の歯とつなげて固定することにより負担を分散して保存することもあります。必要に応じて歯肉にお薬を注入したり、お薬を飲んで頂いたりすることにより、一時的に炎症を抑えることもあります。それでも駄目な場合でも、患者さまと相談し、保存・延命処置を常に模索致します。

歯を抜く・抜かないは、患者さまご本人が決めることです。私たち歯科医師は、患者さまが抜かずに済む治療方法や、抜いたあとの機能回復の選択肢を提示し、その治療をすることにより予想される治療後の状態を提示することが仕事だと考えています。

実は、私自身も歯ぎしりが強いため、歯の状態が悪くなりそうになった時があります。その時に、歯科医師の仲間にお願いして、噛み合わせを調整し、なんとか歯を抜かずに残した経験があります。そのときの抜きたくないという想いを豪徳寺デンタルに来てくださる患者さまの治療に生かしていくことが、患者さまの立場になって治療することなのではないかと強く意識しています。

やはり、歯を抜くと心理的にも歯を無くした喪失感があり、加齢を感じて負い目となってしまうこともあります。やはり人は歯を抜くのは嫌なものなんです。

歯を削ることも同様です。歯はなるべく削らないのが最良の歯科治療です。しかし、虫歯や歯を失うことでブリッジにしなければ快適な咀嚼ができない時もあります。削る量を最小限に抑え、歯を出来るだけ残し、かつ取れにくい形態を目指します。削って詰め物をしたときに、主に悪くなるのはその境界部分です。丸々削ってしまうと次の一手がありません。その意味でも、豪徳寺デンタルでは、歯を削る量は必要最低限に留めるのがベストだと考えています。

豪徳寺駅周辺住民の皆様の”かかりつけ医”として!

これからも、豪徳寺駅周辺にお住いの皆様に、できる限り「痛くない/歯を抜かない/歯を削らない」治療をさせて頂きますので、もしお口のお悩みのある方は、ぜひ一度、豪徳寺デンタルクリニックにご相談にお越し下さい。24時間365日予約可能なweb予約もご用意していますので、ぜひご利用下さい。

*豪徳寺デンタルクリニックの特徴と取り組み*